Insights

Japan CCS Forum 2018 held in Tokyo

The 2018 Japan CCS Forum was held in Tokyo on 18 June, 2018. Over 200 participants attended the forum - the fourth to be held. Delegates came from various sectors including; Japanese Government, foreign embassies, national research institute, universities, the power sector, engineering and oil companies and business firms. The Global CCS Institute were very honored to have Mr Ozawa, Director-General for Energy and Environmental Policy, Agency for natural Resources and Energy, METI dleiver the opening address and have key note presentations from; Mr Blazey, Deputy Head Mission, The Australian Embassy and Ms King from  Minister Counsellor, Economic Affairs, Media and Communications, British Embassy Tokyo. METI, MoE and NEDO also delivered keynote presetnations addressing the Japanese policy of clean coal technology, CO2 reduction by CCS and CO2 capture cost reduction. 

Dr Akai led the Session of seven speakers from Norway, China, US and four demonstration projects from Petra Nova, Toshiba Mikawa, OCG IGCC and Tomakomai CCS demonstration projects. A Panel Discussion following the session, led by Prof. Matsuoka, was vital to the day and included open floor discussions between session speakers and delegates.

The hand out material for the Forum is available at the Institute’s Japanese Corporate Site.

On the following day, the Institute held an additional event in cooperation with Japan CCS Co. Ltd; a very informative one day site tour to Tomakomai CCS Demonstration Center, attended by over 30 participants.

 

Japan CCSフォーラム2018」を開催いたしました。

平成30年6月18日、グローバルCCSインスティテュート日本事務所が主催し「Japan CCSフォーラム2018」を開催いたしました。今回で4回目となる同フォーラムは、日本国政府、外国大使館、インスティテュート会員および一般の参加登録が200名を超え盛況裡に終えることができました。

当日は、小澤経済産業省 資源エネルギー政策統括調整官、ブレージー豪州大使館主席公使やキング英国大使館公使参事官よりご挨拶を賜りました。基調講演では、江澤資源エネルギー庁石炭課長より日本のクリーンコールテクノロジーについて、松澤環境省地球温暖化対策課課長よりCCS技術によるCO2削減の長期的な展望、また坂内NEDO 環境部長よりCO2回収コスト低減に向けた取り組みについてご講演をいただきました。

グローバルCCSインスティテュート取締役である赤井誠 モデレーター主導のセッションにおいては、海外(ノルウェー、中国、米国、欧州)におけるCCSの政策およびプロジェクト概況を、また、米ペトラノバ  CCUSプロジェクト、 東芝の三川火力発電所CO2分離回収プロジェクト、大崎クールジェン CO2分離回収型酸素吹IGCC実証試験や経済産業省 松村地球環境連携室室長より日本国におけるCCS政策と苫小牧CCS実証試験の現況についてご講演いただきました。

セッション後のパネルディスカッションでは、深田地質研究所理事長・松岡先生にモデレーターをお願いし、CCSプロジェクトを展開していく上で、世界における日本の役割について、セッション講演者およびフォーラム参加者の間で活発な意見が交わされました。

当日の配布資料についてはこちらのサイトにて閲覧・ダウンロードが可能です

本年度は日本CCS調査株式会社のご協力をいただき、翌6月19日に「苫小牧CCS実証試験センター見学会」を開催いたしました。当日は30名を超える参加者があり、管理棟、圧入井および滝ノ上層観測井の視察を行いました。